今話題のスマホNuAns NEO[Reloaded]とは何者?

今Twitterやネット上で話題の「NuAns NEO[Reloaded]」というスマホがあります。

なんでも、おサイフケータイに対応したSIMフリースマホだとか。

あとは着せ替えがすごいらしいです。

どんなスマホなのでしょうか?まとめてみました!

 

▼引用記事


 他のスマホとは全く違う持ち心地--新NuAns NEO徹底レビュー、OS&おサイフ以外の進化点は? - Engadget日本版

-以下引用-

トリニティがWindows 10 Mobileとして「NuAns NEO」を世に送り出してから約1年半。待ち焦がれていたAndroid版がついに発売されました。

その名も「NuAns NEO [Reloaded]」。もちろん、映画「マトリックス」の第2弾のタイトル「マトリックス リローデッド」からきたものです。


どうやらこの「NuAns NEO [Reloaded]」Windows Mobile版として「NuAns NEO」というモデルが約一年半前に出ていたようですね。

今回発売された「NuAns NEO [Reloaded]」はそれのAndroid版としての発売のようです。

ちなみに本機種の着せ替え機能は前機種からの引継ぎのようです。

それは前機種の動画から確認できます。

 

▼参考動画

ちなみに前機種の「NuAns NEO」の特設ページはこちら

 

▼特設ページ

https://neo.nuans.jp/neo/

それではここからは各部の特徴などを簡単に書いていきたいと思います。

価格


まず初めに価格を紹介します。

本体価格(CORE) : Amazonにて49,800円

カバー(TWOTONE) : Amazonにて1,580円~

手帳型ケース(FLIP) : Amazonにて2,970円

でした。

見た目・質感


NuAnsシリーズは見た目や質感にこだわるのは有名ですが、今回は

どんな着せ替えのラインナップがあるのでしょうか?

実際に調べるのもいいですが、自分好みのNuAns系スマホを作りましょう!

 

実はNuAns NEO[Reloaded]の公式HPで着せ替えシミュレーションができるところがありました!

 

※2017/6/15 22:20追記

ページのURLはこちら

 

▼参考画像

※文字がつぶれているのは仕様です。

 

2017/6/15 公式のTwitterの方に改善していただきました。

なぜかわかりませんが小さい文字がつぶれて見れませんね(笑)

そこはご愛敬ということで。

※↑の画面のつぶれに関しては、現在は改善されています。

詳しくは記事の最下部をご覧ください。

 

==以下通常記事

選択メニューに CORE / TWOTONE / FLIP がありますが

COREが本体。「NuAns NEO [Reloaded]」と「NuAns NEO」が選べます。

TWOTONEが着せ替えを二色にするやつ。たくさんの種類があります。

 

▼参考画像

これだけでたくさんの着せ替えができますね(笑)

服の生地を使ったものまであります。

これは触りたくなるスマホができそうです。

 

TWOTONEの下のFLIP。

これは手帳型ケースですね!これもなかなか良き。

 

▼参考画像

こちらは八種類と結構少なめ(TWOTONEが多すぎるだけ)

 

とまあこのようにNuAnsシリーズはたくさんのカスタマイズができます。

いやあ・・・ここまでカスタマイズできるスマホはそうないんじゃないでしょうか?

それでは次は外見以外の特徴にいきましょう!

その他仕様等


・製品仕様

まずはNuAns NEO[Reloaded]の仕様を見ていきたいと思います。

 

*OS

OSはAndroidの最新バージョン Android 7.0 Nougat (ヌガーと読みます)を搭載しています。

アプリを二つ同時起動できたり、通知から返信を遅れたりなど、正常進化を遂げたAndroid 7.0が使用できます。

 

*CPU 

Snapdragon 625(MSM8953)が搭載されています。

聞いただけではよくわかりませんが、省電力でX9LTEの技術により通信ハイスピード化

さらに4K映像を再生できるなど、かなり高性能でZenfone 3にも搭載されているCPUです。

 

*メモリ / ストレージ

RAM(メモリ)        : 3GB

ストレージ(容量) : 32GB

RAMもストレージもかなり大容量です。

3GBもあればゲームも動画も余裕でできますね。

ストレージは32GBなので動画もたくさん撮れそうです。

 

*MicroSD

MicroSDは最大なんと1TBまで対応だそうです。

1TBのMicroSDなんてあるんですかねぇ・・

 

※SanDiskが1TB のSDカードを発表していました。ですがMicroSDはないみたいです。

 

*対応バンド

2G (Quad band)

3G (W-CDMA):1/3/5/6/8/9/19 42Mbps/5.76Mbps

4G LTE 1/3/4/5/7/8/9/12/17/18/19/26/28 Cat.4、最大150Mbps VoLTE対応

これはとりあえず日本にあるSIMは使えると思います。

(バンドのことあんまり詳しくない・・・)

 

*ディスプレイ

メーカーは安心のシャープ製です。

サイズは5.2インチ

解像度はフルHD 1920x1080

画素密度は428ppiとなっています。

ディスプレイのガラスは有名なDragontrail Pro®です。

防指紋フッ素コーティングがされているので裸で使ってもいいかもしれませんね。

 

*カメラ

メインカメラ(OUT)が1300万画素。インカメラが800万画素です。

 

その他の仕様は以下の通りです

 

防塵/防水 防塵防滴規格:IP54(防塵(IP5X)、防滴(IPX4))

 

おサイフケータイ 対応

 

NFCリーダーライター 対応

 

指紋認証センサー 対応

 

カードポケット クレジットカード1枚収納

 

ストラップホール 対応

 

電池容量 3,450mAh

 

連続通話時間 想定仕様:1,380分以上

 

最大待ち受け時間 想定仕様:335時間以上

 

Bluetooth バージョン4.1 BLE対応

 

無線LAN IEEE 802.11 a/b/g/n/ac 2.4GHz/5GHz帯 テザリング対応

 

GPS 対応

 

テザリング 対応(USB, Wi-Fi, Bluetooth)

 

スピーカー数/マイク数 スピーカー × 1 / マイク × 2(ノイズキャンセルマイク含む)

 

FMラジオ 対応(ワイドFM対応) ※要ヘッドフォン挿入

 

搭載センサー 3軸加速度センサー、3軸ジャイロセンサー、3軸地磁気センサー、近接センサー、環境光センサー、ホールセンサー

 

ポート USB Type-C(USB 3.0 / OTG、Quick Charge 3.0サポート)、4極ヘッドセットジャック(CTIA)

 

本体素材 難燃性PC

 

 

付属品 USB 2.0 A-Cケーブル(1m) nano-SIMアダプター クリーニングカード ユーザーガイド(保証書)

 

USB Type-Cなので、充電が早そうですね。

テザリングなども対応しているので便利ですね。

以上、製品仕様でした。

気になるネットの評判


やはりネットでの評判は気になりますよね?

ネットでの評判はというと・・・

 

 

▼Twitterでの反応

発売からまだ数日しかたってないけどなかなかよさそう。

しかし不具合もあるようで・・・

 

▼Twitterより

この方はNuAns NEO[Reloaded]のカメラが正常動作しなかったようです。

この後どうなったのでしょうか?

 

▼その後のツイート

リセットで治ったみたいです!!

・・・と思ったのですが

 

▼またその後のツイート

やっぱり駄目だったようです・・・

やはり初期不良なんですかね?

解決策が出次第記事を作ってみたいと思います。

このツイートの方はフリーでITジャーナリストをやっていらっしゃるみたいなので是非チェックしてみてください!

▶山口健太さんのサイトはこちら

それでは次の不具合報告行ってみましょう!

 

▼Twitterより

長いファイル名のファイルをコピーするとNuAns NEO[Reloaded]

の電源が落ちてしまうという不具合です。

実はこれ、「仕様」らしいです。

 

▼Twitterより

なんか対応が怖い(笑)

とりあえず仕様らしいので、長文のファイルはコピーしないほうがよさそうです。

結局NuAns NEO[Reloaded]は買いなの?


結局簡単に記事にするつもりだったのに二日間かけて馬鹿みたいに長い記事を書いてしまいました。

というわけで個人的見解になってしまいますが、まとめを書いていきたいと思います。

僕的には「買い」です。

僕はかなりおサイフケータイを使います。

IDや楽天Edy、dポイントも使います。

そんななか、スタイリッシュかつ高性能なものが登場しました。

それがNuAns NEO[Reloaded]です。

防塵ではありませんが防滴ですし、指紋認証も使える。

Xperiaを使っている私としてはとても良い構成に思えます。

というわけで私はお金がたまったら買いたいと思います。

ありがとうございました。次回も見てくださいね。

GadgetStudio ライター : さくら茶

記事内の「文字がつぶれている」不具合について


※これより下の記事は2017 / 06 / 15に作成されたものです。

 

日頃より本サイトをご覧いただきましてありがとうございます。

さて、今回、本記事をNuAns_JP公式Twitterの方がご覧くださいまして、

記事内にあります、シミュレーションページの画像について、「文字がつぶれている」

と書きました。

実際にこれは事実で、NuAns様も気づいていない模様でした。

そこで、NuAns公式Twitter様を通じ、この不具合の改善を行っていただきました。

迅速な対応で、とても良い会社だと思います。

 

実際の現在のシミュレーションページの画像です。

 

▼画像

ご覧の通り、見やすいフォントとなっています。

これで、心配なくシミュレーションページが使えますね!

・・・しかしですよ。

もう一つ、発見しちゃいました。

 

▼画像

メニューボタンがつぶれとるーー!!

というのは間違いで、キャッシュ削除で改善しました。お詫びについては当記事の下に書いております。

私の不注意でした。大変申し訳ございませんでした。

・・・とまあとりあえず、シミュレーションのページはしっかり使用できるという

ご報告と、NuAns様(トリニティ)はいい会社ということでした。

ぜひ使ってみてくださいね。

あと、NuAns NEO Reloadedもね。

お詫び


2017/06/15に公開した記事の中に、「Menuボタンがつぶれている」と掲載しましたが、

当方がキャッシュ削除を行っていなかったために起こったものでした。

現在つぶれた文字などはすべて修正されています。

本当に申し訳ございませんでした。

読者の皆様、並びにトリニティ株式会社に深くお詫び申し上げます。