【未来】360度自撮りブームが近い!?

 最近の360度カメラは安価でしかも小型になってきました。もしかしたら買って持っている方もいるのではないでしょうか?そんな360度カメラを使った写真が、instagramで話題を呼んでいます。


本当に写真? “360度自撮り”ブームくるか - Yahoo!ニュース

(以下本文)

 真ん中に球形が浮かぶ、一見イラストに見える写真がある。Instagramで「#littleplanet」と検索すると、似たような「不思議な球形」がずらりと並ぶ。ハッシュタグの通り、小さな惑星に人や建物が立ち並んでいるように見える。画面中央に撮影者自身の姿を収めることもでき、“次世代の自撮り”とでもいえるかもしれない。

 

 これは、ワンショットで360度写真が撮れるリコーの全天球カメラ「THETA」(シータ)シリーズの写真を加工したもの。本体の前後に付いたカメラで各180度以上を撮影、それらをソフトウェアが自動でつなぎあわせて1つの写真を合成する。専用のスマートフォン向けアプリ(iOS/Android向け、無料。用途別に複数あり)で「リトルプラネット」というアイコンを押すと、一風変わった“丸い写真”が出来上がる

 

(中略)

 

 「360度撮れるから人がたくさんいても全員写るし、加工しながら角度を変えられるから失敗も少ない。カメラが苦手なほどオススメしたい。私の周りで持っている人は全然いなくて、『これいいよ』って友達に勧めたら4人買ってました(笑)」(渡辺さん)

 

(中略)

 

 

 これまで、自撮り棒、SNOWアプリなど写真に関わる、はやりのものは一通り手にしてきたが、たどりついたTHETAは、その延長線上にあるものという。


自撮りの延長線


 通常の自撮り(スマホのインカメラなど)では、3~4では一緒に自撮りをすることができますが、10~20などの大人数になると、広角レンズを使っても撮ることができないし、自撮り棒を使うと後ろの人が小さくなってしまうなど、不便な点がありますが、360度カメラを使うと、カメラを囲めば、全員がしっかり写った写真を撮影することができます。

新たな可能性


 360度自撮りが注目されたのはつい最近。いつだって新しい機能は流行りだしてから急に増えたもの。おそらく今は「リトルプラネット」などの機能しかありませんが、いずれ「SNOW」のような画像加工アプリなどが増えはじめ、普通の自撮りを駆逐するほどのものになっていくと思います。

編集後記


 自撮りはそろそろネタ切れ?って感じがしますが360度カメラ自撮りでは、もっともっと可能性があると思います。

 最新情報が出次第記事にしていきたいと思います。